<MEMBER>

Katsu Shijima

Office Faith 代表
ゴスペルクワイア・The Faith Mass Choir 代表
ゴスペルグループ・Jacoo Gospel Singers ディレクター
関西を中心にゴスペルを指導し、全国を通して活動しているプロのゴスペル・ソウルシンガー。幼少の頃より、家庭では70年代~80年代のブラック・ミュージック、ソウルが流れている当時では珍しい環境で育つ。中学生の頃からギターに触れ、バンド活動を行い、並行してアカペラなども学ぶ。大手音楽教室講師などを経て、ブラック・ミュージックの根源であるゴスペルを追求したく渡米を重ね、現地の黒人教会に足を運び、独学でゴスペル唱法を身に付ける。日本人離れした類まれな歌唱力は群を抜いており多くの観客を動員する。ゴスペル、ソウル、R&B など、ブラック・ミュージックに幅広く精通し、自身のソロライブも積極的に行う。またイベント・プロデューサーとして数多くのコンサートやイベントを開催、海外アーティストの招聘など活動の幅は広い。
2008 年日刊スポーツ主催「ゴスペルアウォーズ」最優秀賞受賞。
2018 年ゴスペル界のレジェンド、Kurt Carr & The Kurt Carr Singers を招致し、ワークショップ&コンサートを主催。

Ritsuko

阪神間でゴスペルを指導する、現役で活躍するプロのゴスペル・ソウルシンガー。

6歳よりピアノを学び、10代前半よりブラックミュージックに傾倒し、バンド活動を始める。
10代後半より、ゴスペルに触れ、本格的にゴスペルの活動を始める。本場のゴスペルを学びたい一心で、単独で渡米を重ね黒人教会に通い、ゴスペル唱法を学ぶ。
帰国後、大阪のゴスペルグループに所属し、数々のコンサートやイベントに参加する。

 2008年には、スポーツニッポン新聞社主催の「ゴスペル・アワーズ2008」でベストソリスト賞を受賞。

ゴスペルの活動と平行して個人のソロコンサートも積極的に行っている。

2018年のKurt Carrワークショップ&コンサートではオープニングアクトを務める。

小松静香

中学の頃、音楽の先生が見せてくれた"天使にラブソングを"に魅了され、ゴスペル音楽に引き込まれる。

更にブラックゴスペルの魅力に煩悩され、アメリカで本場のブラックミュージックに触れる。

10代の頃から、関西のゴスペルグループに所属し数々のステージを踏み、本場のゴスペルの歌唱力を身につけていく。

奇跡のハイトーンボイスを持つ。

現在も、関西に拠点を置き、ゴスペル、R&BやSoulなどのソロシンガーとしても精力的に活動中。

某有名カルチャースクールの専任ゴスペル講師を務める。

2018年のKurt Carrワークショップ&コンサートではオープニングアクトを務める。

荘田倫子

神戸出身。1995年、大西ゆかり率いるgirls group ~ Jewels ~に入ったのをきっかけに歌を始める
R&B 、soul、Funk などの、ブラックミュージックに魅了され、アメリカで本場のブラックミュージックに触れる。
ソロでのライブ活動も開始。
2007に結成された、Jacoo Gospel Singers のメンバーとしても関西でゴスペルコンサートを行っている。
ソロや、グループとして、神戸、大阪を中心に活動中。
"Super woman" "Super man" "100 carat soul" "昭和歌謡ショー"など、イベントのオーガナイザーとしても神戸を盛り上げ活躍中。

2018年のKurt Carrワークショップ&コンサートではオープニングアクトを務める。

日高睦美

3歳よりピアノを学び、絶対音感を持った幼少期を過ごす。
学生時代は、ピアノだけでなく、吹奏楽団でマリンバやバリトンサックスを演奏するかたわら、合唱団で歌い始める。
20代後半にゴスペル教室に通い始め、3年間基礎を学んだ後、関西を拠点とするゴスペルクワイヤに所属、数々のイベントやライブにて活動中にKatsu Shijimaと出会い、2010年Jacoo Gospel Singers加入。特技はビブラート。
2018年のKurt Carrワークショップ&コンサートではオープニングアクトを務める。

宮井智也

幼少の頃より音楽が大好きで、洋楽、ミュージカル等に多く触れる。学生時代にゴスペルの代表曲である「Oh Happy Day」を歌った事でゴスペルに感銘を受け、歌うことの楽しさを知る。

ゴスペルグループでの活動や、ビルボード大阪など大舞台での数々のライブ経験を経てキャリアを積み、自身のゴスペルグループを組みつつ、Jacoo Gospel Singersに2013年より加入。大舞台で培ったゴスペルの歌唱力は人の心を揺さぶると定評がある。

またゴスペル以外にもイベントなど、シンガーとしての出演やコンサートにゲスト出演するなど数々の舞台で活躍している。

2018年のKurt Carrワークショップ&コンサートではオープニングアクトを務める。

福田なつみ

幼少の頃より歌うことが大好きで、10代の頃より姉の影響で洋楽に触れ始め、バックコーラスで歌っている黒人シンガーに魅力を感じ始める。

20代前半よりFaithゴスペルスクールに通い始め、ゴスペルを歌う楽しさと喜びを感じる。

ゴスペルをより深く学びたいという一心で単身ニューヨークへ1年間留学し、現地のワークショプや日本人クワイアのリハーサルに参加し経験を積む。現在はゴスペル講師としても活躍中。

2018年のKurt Carrワークショップ&コンサートではオープニングアクトを務める。

足立結花

子どもの頃から音楽が好きで、20代前半よりゴスペルスクールに通い始めたのをきっかけに本格的に歌い始める。声を重ねるゴスペルの楽しさや奥深さを実感し、ステージを多数経験。2016年よりjacoo gospel singersに加入し、個人のライブ活動等も積極的に行う。ゴスペル以外にもニューオリンズブラスバンドのボーカルやjazz等、幅広く活動している。

2018年のKurt Carrワークショップ&コンサートではオープニングアクトを務める。

田邊裕子

5歳の頃よりピアノに慣れ親しむ。高校入学時に見た軽音楽部のパフォーマンスに衝撃を受け音楽の楽しさに目覚める。
卒業後もバンドやユニットを組みポップス・ロック・オリジナルを中心にライブハウス、イベント等でステージに立つ。
20代半ばソロ活動をきっかけに歌を歌い始め、歌唱力をアップさせるならゴスペルがいいよ!との誘いを受け、ゴスペルスクールに通い始めゴスペルの素晴らしさ奥深さにドップリ魅了される。
多数のステージやクワイアで経験を積み、2018年よりJacoo Gospel Singersに加入。
その他にもゴスペル講師や院内コンサート等ボランティアでも活動中。